2019 食べログ百名店(Tokyo)

  (最終更新日:2020.11.14)

すず喜(三鷹)

【総評】

鶏白湯の中に魚介出汁が入ったオリジナリティ溢れる一杯。

中毒性高く、食べるほどに虜に。

食べログ百名店 (ラーメンTOKYO):14軒目

(注)2020年3月に訪問した際のブログです。

 

同じ三鷹の「さくら井」を食したものの、腹3分弱。

まだまだいける。

今度は駅の南口へ

三鷹駅から徒歩5分ほど

「味の散歩道」というレトロな看板の入口から

階段を下ると行列が見える。

 

ということで今回はこちら。

すず喜

三鷹駅にある、もう一つの百名店だ。

 

12時10分 6人待ち

まず、お店独自のルールについて解説する。

行列の先頭になると、店内から「次の方、手前or奥の入口からどうぞ」

と言われる。

そのタイミングで入店をする。

しかし、その前に一つやることがある。

「入口にあるコップに給水してから入店すること」

手前入口は写真から見える入口。

奥入口は(写っていないが)奥のもう一つの入口である。

店内が狭いため、入口が二つあるようだ。

12時20分 行列最前列に。

店内のスタッフから「奥の入口からどうぞ」とお声がかかる。

コップに水を給水し、奥の入口から着席。

着席するとすぐに注文を聞かれる。

こく塩+大盛りをオーダー。

券売機は無く、前金制となっており、すぐにお金を支払う。

5分後 着丼

「こく塩」(830円)+「大盛り」(150円)

見るからに濃厚な濁度の高い黄金色!!

 

【スープ】

なみなみに注がれたアツアツのスープ。

レンゲに取ろうとすると、

!!!

食べる前から表面に膜が張っている。

食べ終えた後に膜を張ることはあるが、これだけ早いタイミングではなかなか珍しい。

鶏白湯に塩ラーメンのコクを足したような、独特な風味だ。

塩のコクには魚介も含まれており、深みがある。

そして塩のコクもなかなか濃厚だ。

「こく塩」のネーミングに見事にマッチする。

鶏白湯のクリーミーさに塩ダレをうまく合わせる新しいジャンル。

独自性、中毒性高し。

濃いと感じる場合は調整も可とのこと。

紫玉ねぎの辛みも口直し要素で◎

 

【麺】

低加水パツパツの中太麺

適度な硬さで歯ごたえが残り、濃いスープとよく合う。

 

【チャーシュー】

まずは、豚から。

ハムのような濃厚な旨味。加えて焼き目のほろ苦さが香ばしい。

 

次は鶏。

塩麹で付けたような、コクのある味付けがされており、噛むほどに旨みが口に広がる。

 

【味玉】

デフォで味玉が付いてくる心意気。

黄身は半熟で味が浸み込んだ王道味玉。

 

中毒性の高いコク旨スープとコシのあるパツパツ麺を

一体で楽しんでいるとあっという間に完食。

ごちそうさまでした。

12時35分 あと待ち5

【総評】

鶏白湯の中に魚介出汁が入ったオリジナリティ溢れる一杯。

中毒性高く、食べるほどに虜に。

コート掛け:カウンター後ろ(ただし狭いため、使うのに少し躊躇。)

荷物置き:無(カウンター下の小棚も無)

背もたれ:無(固定式丸椅子)

紙ナプキン:卓上

紙エプロン:入口給水機下

水:入店時に入口でセルフ給水

行列接続方法:まず並ぶ。(食券は無く、前金制)

【以下、食べログより引用】

鶏こく中華 すず喜(食べログへのリンク)

twitter公式アカウント

↓ブログのランキングに参加しています。もし宜しければ、クリック頂けると1票入るため、励みになります。

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村

ピックアップ記事

  1. 【並び方解説有】千里眼(東北沢・代々木上原)
  2. 食べログ ラーメン 百名店 TOKYO 2019 巡りを終えて
  3. 大勝軒 飯田橋(飯田橋)
  4. 麺や 庄の(市ヶ谷)
  5. 【並び方解説有】中華そば こてつ(下北沢)

関連記事

  1. 2020 食べログ百名店(Tokyo)

    食堂七彩(都立家政)

    2020食べログ百名店 (TOKYO):未訪問店3店舗目(全18店舗…

  2.  味噌

    【並び方解説有】大島(船堀)

    こちらはTRYラーメン大賞の名店味噌部門で過去に5連覇し、殿堂入りと…

  3.  醤油

    【並び方解説有】中華そば うお青(万願寺・高幡不動)

    2020食べログ百名店 (TOKYO):未訪問店17店舗目(全18店…

  4. ラーメン

    蒙古タンメン中本 錦糸町店(錦糸町)

    【総評】辛ウマスープとモチモチ麺が相性抜群。辛さが異なる多彩…

  5.  醤油

    【移転前】らぁ麺 すぎ本(鷺ノ宮)

    【総評】故・佐野実氏の弟子が作る、鶏主体でありながら…

  6.  ダブルスープ(動物魚介系)

    中華そば 青葉 中野本店(中野)

    1996年創業の言わずと知れたダブルスープを世に広めた名店。これまで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

人気記事

  1.  うどん

    どん兵衛の「Salt off(減塩版)」と「通常版」を比較してみた
  2.  スパイス系

    【並び方解説有】麺処 井の庄(石神井公園)
  3. ラーメン部長のオススメ!!

    【並び方解説有】迂直(うちょく)(荻窪)
  4. ラーメン部長のオススメ!!

    【並び方解説有】Homemade Ramen 麦苗(大森・大森海岸)
  5.  煮干し

    中華そば ムタヒロ 1号店(国分寺)
PAGE TOP