ラーメン部長のオススメ!!

【並び方(記帳方法)解説有】らぁ麺や 嶋(西新宿五丁目)

2020年6月にオープンし、2020年のTRY新人大賞・総合を獲得。故佐野氏の「支那そばや」や東中野の「かしわぎ」で修業をされたご主人が満を持して独立されました。平日は2時間待ち、休日は3時間待ちとも言われている、今東京で一番並ぶといっても過言ではないお店です。

しかしながら、今回の訪問時は緊急事態宣言中ということで事前予約の記帳制に変更されていました。

【記帳方法】

毎日朝9時から店前の予約表(ウェイティング表)に記帳することで予約を受け付け。30分毎に6名+2名ずつ(計8名)予約可能。(+2名の枠は先に6名が入店した後のつなぎの枠です。)

土日であれば遅くても9時15分くらいには伺いたいところです。

ちなみに9時5分時点で。このような埋まり具合でした。(空きがある好きな時間帯に自由に予約できます。)

(注)日によっては売り切れしてしまうメニューがある(連食するお客さんが多い)ので、なるべく早めの時間帯を予約するのがオススメです!

複数名分の予約をするときは人数分の枠を確保することを忘れずに。

なお、連食する場合においても、記帳する際に連食する旨の記載は不要です。

9時から記帳開始となりますが、それ以前に来た方々が並んでいます。

並び方は店前に3名まで並び、それ以降は車道側に並びます。

【連食する場合】

食券購入時に店主さんに「連食いいですか?」と声掛けが必要です。無理な場合もあるようです。

【メニュー】

醤油・塩・醤油つけめん・塩つけめんがあります。

巷の評価では、どれもレベルが高いとのことですが、まずは醤油らぁ麺がオススメです。

「支那そばや」の佐野イズムを受け継いでいるご主人ですので、それを一番味わうことができるのは間違いなく醤油らぁ麺だと思います。

【オススメトッピング】

特製が絶対にオススメです!!

ノーマル+300円で、ノーマルには付いていないチャーシュー2種(低温豚・低温鶏チャーシュー)、味玉、ワンタン2種(海老・肉)が追加される超豪華ラインナップとなります。どれもめちゃくちゃレベルが高いので絶対オススメです!!

 

9時5分 店着

おそらく9時前から並んでいる方々は既に記帳され、退散している模様。店前には1名のお客さんが記帳していました。

見事12時30分の枠をゲット!!

 

一旦家に帰り、12時20分にお店の前に集合します。

周りに他のお客さんがいますが、周りのお客さんが何時の集合時間の人なのかよく分からないので、不安になり聞いてみると、まだ12時のお客さんが待たれている状態でした。(どうやら遅れ気味になるようです。)

 

12時30分過ぎ

店員さんが出てきて名前を聞かれます。引き続き外で待ちます。

 

12時45分 食券購入

一度店内に入って券売機で食券を購入します。店主さんに連食許可を頂き、特製醤油と塩つけ麺をポチリ。再びお店の外で並びます。(この後、店員さんが食券を受けて取りに来るので、食券を渡し、連食の場合はどちらから食べるか希望を伝えます。)

 

13時

店員さんに声掛け頂き、店内に入ります。

オペレーションは店主さん・店員さんの2名。お二方とも、ものすごく丁寧な接客で好感しか湧きません!

暖色系のライティングが印象的な6席のL字カウンター。店主さんがキビキビと調理されています。七輪の炭火で焼くチャーシューの薫香、リズミカルな湯切り、丁寧な盛り付け。思わず見入ってしまいます。

 

13時5分

待ちに待った着丼です。

特製醤油らぁ麺(1080円)

【スープ】

まず薫り高い醤油の風味が口に広がります。5種類の醤油を配合しているとのことで、複雑な味わいで深みがありつつも、カドが無く、素晴らしい調和です。そして醤油の奥から押し寄せてくる鶏油の甘み。故佐野氏がラーメンスープ用に開発した山水地鶏も使用しているとのこと。加えて、節系の風味を主とした芳醇な魚介の旨み。正統派でありながら、どの食材も旨みのレベルが極めて高いデス。文句なしにウマい!!

更には炙りチャーシューの香ばしさがスープに溶け出して、味に深みを出しているところも超好みです!

【麺】

中細ストレート麺。やや平打ちで加水率が高く、モチモチ系食感。茹で加減はヤワ目ですが、これはこれで合うところが素晴らしいところ。表面はツルツルで喉越しが良いです。スープとの絡みも絶妙。

【チャーシュー】

チャーシューは贅沢にも4種

肩ロースチャーシュー

旨みと下味の甘み。この下味は味わったことのないタイプ。美味しい!

 

炙り豚チャーシュー

柔らかくジューシーで甘みたっぷり。炭火の香ばしさとほろ苦さが相まってめちゃくちゃ美味しい。

 

鶏チャーシュー

シルキーでしっとり且つ適度な弾力。下味の付け方が素晴らしく味がしっかりしています。

【肉ワンタン】

肉がぎっしりタイプですが、決して重くは無く、上質な甘みと旨みが強く、素材の良さを感じます。皮は大判で多加水のトゥルトゥルタイプです。

【海老ワンタン】

海老はすり身のタイプ。すり身ながら適度なプリプリ感もあり、こちらもレベルが高いです。

【味玉】

黄身は緩すぎず、硬すぎず、絶妙な茹で加減。下味は控えめで黄身の甘みをしっかり感じられます。

 

同じ店舗での連食が初めてだったので、作法が分からず、2杯目を「替え玉お願いします」的な感じで店主さんにお伝えしようかと思いましたが、結果として何も言わなくても2杯目は提供されました!(しかも1杯目を食べ終わった直後の絶妙なタイミングでした!)

鰹昆布水つけ麺しお(1000円)

【麺】

たっぷりの黄金鰹昆布水に浸った麺は、その麺線の美しさと相まって、もはや芸術的な領域。ラーメンよりも少し太め、わずかに縮れて、全粒粉入りでモチモチ食感。濃厚で粘度の高い昆布水に入っているおかげで、麺だけ食べた時に旨みの強いこと!

麺はかなり長めで、鰹昆布水が麺にまとわりつくため、麺を箸で掴むのにも一苦労するほど。(嬉しい悲鳴デス。)

【つけ汁】

塩ダレがキリっと効いていて鶏油の甘みも全開です。決して塩辛さは感じ無いですが、かといって十分なパンチ力も兼ね備えています。濃厚つけ麺とは一線を画す、甘みと旨みで食べさせてくれるつけ麺です。

【炙り豚チャーシュー】

つけ汁の中に2枚入っています。驚くべきはスープから取り出した際にチャーシューが熱いこと。直前まで七輪でじっくりと炙っているからこそできる技。適度なアブラが最高にジューシーな甘みの強いホロ豚で、更に芳醇な炭火の風味のほろ苦さが加わることで、上品な味わいに昇華されます。ウマい!!

 

味はもちろんのこと、お店と店主さん・店員さんが醸し出す雰囲気も含めてすべてが超一流でした。最高の気分を味わえました。これは全メニュー制覇せねばいけませんね。ごちそうさまでした。

 

背もたれ:有

コート掛け:無

荷物置き:カウンター下に小さなフック有

水:セルフ(券売機横にコップ・給水機有)

紙エプロン:給水機横に有

備考:連食希望の場合は食券購入時に店主さんに確認要

 

 

宅麺.comの在庫有の商品一覧はこちら。在庫の状況は毎日変わるため定期的に要チェック!!

 

【以下、食べログより引用】

らぁ麺や 嶋(食べログへのリンク)

 

お店twitter(最新の営業情報が掲載されています)

 

↓ブログのランキングに参加しています。もし宜しければ、クリック頂けると1票入るため、励みになります。

 

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村

ピックアップ記事

  1. 【並び方解説有】珍々亭/珍珍亭(武蔵境)
  2. 【並び方解説有】味噌麺処 花道
  3. 麺や 庄の(市ヶ谷)
  4. 【並び方解説有】中華蕎麦 ひら井(北府中・西国分寺)
  5. 【並び方解説有】麺処 井の庄(石神井公園)

関連記事

  1.  塩

    麺屋 翔 本店(西武新宿)

    【総評】鶏ダシが効いた清湯スープと塩が織りなす優しい塩ラーメ…

  2. 2020 食べログ百名店(Tokyo)

    麺屋海神 新宿店(新宿)

    2020食べログ百名店 (TOKYO):未訪問店14店舗目(全18店…

  3. ラーメン

    【並び方解説有】めん 和正(三軒茶屋)

    三軒茶屋の有名店と言ったらこちら!和正(わしょう)と読みます。200…

  4. 2019 食べログ百名店(Tokyo)

    燦燦斗(さんさんと)(東十条)

    【総評】豚骨魚介+野菜の甘みが優しく染みわたる無化調スープ…

  5.  塩

    RAMEN CiQUE(南阿佐ヶ谷・阿佐ヶ谷)

    【総評】鶏ガラと魚介がバランス良くまとまった優しい清湯スープ…

  6.  二郎系

    火の豚(人形町)

    【総評】汁ドロ系濃厚まぜめん、味変要素多彩でジャンキー度 極…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

人気記事

  1. ラーメン

    【並び方解説有】真鯛らーめん 麺魚 本店(錦糸町)
  2.  塩

    かしわぎ(東中野)
  3.  醤油部門ベスト3(2019)

    食べログ百名店制覇のラーメン部長が選ぶ、2019百名店のオススメ醤油ラーメンベス…
  4. ラーメン

    【並び方解説有】めん 和正(三軒茶屋)
  5.  鶏白湯

    らーめん天神下 大喜(秋葉原・仲御徒町・末広町)
PAGE TOP