二郎系

  (最終更新日:2021.01.23)

俺の生きる道(宅麺.com)

宅麺.comを頼んでみたシリーズ 第4回 

寒くて出かけたくない日は宅麺.comに限ります。

「俺の生きる道」は白山とつくばにお店があります。ご存知の方も多いと思いますが、白山のお店は元々「夢を語れ東京」という名前で、こちらも二郎系の人気店でした。(店主さんは同じで店名のみ変更したとのこと。)

【宅麺.comとは??】

お店の味をそのまま味わえるように、お店で出しているスープを濃縮せず、そのままストレートで冷凍。

麺も同様にお店の麺をそのまま冷凍して配送してくれる画期的なラーメン通販サイトです。

チャーシューなどの主要なトッピングもお店のものが入っています!!

つまり、お店の味そのものを食べられるということなのです!

【セットに入っているもの】

麺・具入りタレ(豚)・味付けアブラ

【用意するもの】

麺茹での鍋(2リットル以上の大きい鍋がベター)、スープ湯煎用の鍋、ざる、丼、ハサミ

【トッピング(お好みで)】

茹でモヤシ・刻みニンニク・ネギ

【調理方法】

1.お鍋二つにお湯をたっぷり入れ沸騰させます。

2.沸騰した湯煎用の鍋に、具入りタレ・味付けアブラの袋を10分ほど入れます。

3.2と並行して麺茹で用の鍋に麺を入れ6~8分(お好みで)茹でます。(私はカタメが好みなので6分茹でました。)

4.盛り付けして完成

ラーメン汁無し(960円+送料別)

【タレ】

汁無しですが、スープと呼べるくらい、しっかりと量が入っています。

醤油のしょっぱめタレのパンチがガツンと来た後に、豚アブラの甘みが押し寄せてきます。ラーメンスープよりも味が濃縮されている分、インパクトが強いデス。加えてスープとは別袋で付いてくる味付けアブラの醤油とアブラの甘みのバランスが絶妙で、コクがプラスされています。

これは美味しい!!

【麺】

ゴワゴワでポキポキの極太低加水麺です。王道の平打ちで縮れタイプで小麦の風味がたっぷりです。スープが超濃厚な分、これくらい強いゴワ感があるとしっかりと釣り合います。めちゃくちゃ好みでウマいデス!

【豚】

豚の量が半端ないデス!!分厚い豚が4~5枚くらい入っています。カエシが強めに効いたしょっぱ豚ですが、ホロホロで噛むほどに豚の甘みを感じられる極厚肉と合わされば、ベストな味わいに。ウマい!!

【アブラヤサイ】

自前で用意した茹でモヤシと、味付けアブラ・ネギ・ニンニクを一緒に口の中に入れれば、濃厚極まりないジャンクサラダになります。

今回も至福のおうち時間を過ごすことができました。ごちそうさまでした。

 

今回頂いたラーメンのリンクを貼っておきます。宅麺.comのトップページから検索するのが少し難しいのでこちらのリンクを使うと便利です。

↓↓今回の食べた「俺の生きる道」ラーメン汁なし

 

↓↓その他二郎系だけでも、こんなにたくさん種類があります。

 

宅麺.comをもう少し知りたい方のためにもう少し解説しておきます。

【送料は?】

基本送料900円に加え、1食ごとに120円が追加されます。

これに加えて、沖縄は+1000円、北海道は+500円(全て税抜)となります。

今回色々なお店のラーメンを3食頼みましたので1260円かかりました。

(1食あたり、420円となります。交通費をよりも全然安いと思います!)

【ラーメンの料金】

店舗の値段より少し高いデス。(100円~200円くらい)

スープや麺を袋詰めなど、どうしても手間がかかるため仕方がないかと思います。

注文してから2日で届きました。(ヤマト便でした。)非常にスピーディです!

 

在庫有の商品一覧はこちら。在庫の状況は毎日変わるため定期的に要チェック!!(スマホ・タブレットのみ閲覧可能)

 

↓ブログのランキングに参加しています。もし宜しければ、クリック頂けると1票入るため、励みになります。

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村

 

 

ピックアップ記事

  1. 【並び方解説有】めん 和正(三軒茶屋)
  2. 【並び方解説有】麺笑 巧真(八王子)
  3. 【並び方解説有】鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki (新小岩)
  4. 【並び方解説有】つけめん金龍(小川町・淡路町・神田)
  5. 大勝軒 飯田橋(飯田橋)

関連記事

  1. 宅麺.com

    中華蕎麦 とみ田(宅麺.com)

    宅麺.comを頼んでみたシリーズ 第2回【総評】日本…

  2. 2021 食べログ百名店(Tokyo)

    麺や 七彩(八丁堀)

    東京の喜多方ラーメンを語るならここは外せないデスネ。七彩出身…

  3. ラーメン部長のオススメ!!

    【並び方解説有】麺処 ほん田(秋葉原)

    【総評】角のとれた醤油の中に、いりこや鶏ダシの旨味がバランス…

  4.  塩

    麺屋 翔 本店(西武新宿)

    【総評】鶏ダシが効いた清湯スープと塩が織りなす優しい塩ラーメ…

  5.  ダブルスープ(動物魚介系)

    中華そば 青葉 中野本店(中野)

    1996年創業の言わずと知れたダブルスープを世に広めた名店。これまで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

人気記事

  1.  醤油

    中華そば勝本(水道橋)
  2. ラーメン部長のオススメ!!

    【予約方法解説有】らぁ麺 飯田商店(湯河原)
  3.  味噌

    【並び方解説有】東京味噌らーめん 鶉(武蔵境)
  4.  ダブルスープ(動物魚介系)

    【並び方解説有】めん 和正(三軒茶屋)
  5.  醤油部門ベスト3(2019)

    食べログ百名店制覇のラーメン部長が選ぶ、2019百名店のオススメ醤油ラーメンベス…
PAGE TOP